Windows10 ではファイルを開くアプリを指定したり、後から変更することもできます。今回は、ファイルを開くアプリ(既定のアプリ)を指定・変更する方法を解説します!ファイルを開くアプリを指定・変更する方法ファイルとアプリの関係Window ストアアプリのショートカットをデスクトップに出す方法のご紹介です。Windows10のストアアプリは、スタートメニューのアイコンを右クリックしてもタスクバーかスタートにピン留めすることしかできません。どうしてもデスクトップショートカットを出しておきたい需要もあるでしょう。 ショートカットファイルとはショートカットはアプリやフォルダーをすぐ開くことのできるようにするためのファイルです。ショートカットを作成すると図1のようにアイコンの左下に曲がった矢印マークのようなものが付きます。 パソコンの操作をキーボードの組み合わせですることを、ショートカットキーといいます。ショートカットキーは「近道」と言うとおりで、慣れるとパソコンの操作をすばやくすることができます。よく使う便利なショートカットキーを紹介し、主なショートカットキーを図で説明します。 キーボード ショートカットは、通常ではマウスを使って実行する操作の代わりとなる、複数のキーまたは複数のキーの組み合わせです。 以下は、Windows 10 に付属している Microsoft アプリの多くに共通するキーボード ショートカットです。 複数のアプリやウィンドウを往復するとき、マウスでタスクバーなどをクリックするよりも手軽な方法があります。ショートカットキーを使いこなせば、デスクトップの切り替えも楽々です。 iOS13からのiPhoneアプリである「ショートカット」について、作り方や使い方などを簡単に分かりやすく解説します。ショートカットのレシピもいくつか載せているので、おすすめのレシピを知りたい方にも参考になるはずです。 ショートカットキーとして設定するキーは自由なので、覚えておきやすいものにしましょう。 今回は「TeraPad」というアプリにショートカットを設定していきます。 設定したいアプリケーションのプロパティを右クリックから開く すぐに試せて覚えておくと何かと便利!Windowsロゴキーを使ったショートカット 日頃、Windowsキーは使うことなく過ごしている日々でしたが、スタートアップフォルダーを一発開くことができるで使ってから、ほかのショートカットの中から、便利そうなものを忘れる前に記しておこうと思います。 通常アプリやフォルダーを開くには、タスクバーやスタートメニューから開いたり、マウスでダブルクリックして開きます。このように通常はマウス操作でアプリやフォルダーを開くのですが、キーボードのショートカット ストアアプリのショートカットをデスクトップに出す方法のご紹介です。Windows10のストアアプリは、スタートメニューのアイコンを右クリックしてもタスクバーかスタートにピン留めすることしかできません。どうしてもデスクトップショートカットを出しておきたい需要もあるでしょう。 iPhoneで使える「ショートカット」アプリの使い方を詳細な図入りで完全解説しています。どういうものか。設定から追加や削除、並べ替え、共有の方法など、必要な知識を網羅。使いこなして一歩先を行くiPhoneユーザーをめざしましょう! Windows で特定のフォルダ・ファイルをショートカットキーで開くことができます。また、アプリケーションをショートカットキーで起動することもできます。よく使うものであれば、ショートカットキーで開いたり実行できるように設定しておくと便利です