目次. 2016年9月に日本に上陸したフードデリバリーサービス「Uber Eats」(ウーバーイーツ、以下UE)。大都市圏で開始されたUEはサービスエリアを順調に拡大し続けている。勤務時間も場所も自由というUE配達パートナー(配達員)は、働き方改革の提案にもつながった。 ウーバーイーツの配達員が労働組合の結成に向けて動き出している。後述する配達員と弁護士らの集会では、事故にあったときの補償がないことなど、多くの課題が明らかになった。一方、最近話題になることも多い「女性の配達員」ならではの苦労はないだろうか。 Uber Eats(ウーバイーツ)の配達員は年齢制限の上限はないウーバーイーツの配達員になるには年齢制限はあるのでしょうか?ウーバーイーツの配達員の登録は18歳以上であれば、年齢の上限はありません。18歳以上であれば高校生でも登録することが出来ます。 「飲食店への休業要請」、「営業自粛」、「テイクアウトのみでの販売」、「失業者の増加」。昨今の社会状況から考えて、ウーバーイーツ配達員として働く者は今後さらに増加する可能性が充分考えられる。もちろん、すでにウーバーイーツ配達員として働いている 1 普通のバイトとウーバーイーツは全然違う; 2 ウーバーイーツ配達員に「103万円の壁」は関係ない; 3 親に黙って配達員をやると親が犯罪者になるかもしれない; 4 9割の親は配達員反対派! バイトをさせた方が子どものため; 5 バイト感覚でやるなら配達員は絶対にやめたほうがいい 普段はウーバーイーツ配達員・ブロガーとしてギリギリの生活をしている私も今年の3月の売上が激減してしまったので申請したところ、申請から約10日後にしっかり満額の100万円を受け取りました。 朝起きたら持続化給付金入ってた。