『salut!』のアイテムで作る、憧れのパリ風インテリア ... 日本の住宅では天井や床まで手を加えるのは難しいですが、ちょっとしたアイディアでグンとおしゃれなインテリアに近づけることはできます。 グレイッシュカラーで、パリのシックなアパルトマン風インテリアを実現!インテリアコーディネートのまとめサイト「インテリアアーカイブス」ではインテリアに纏わる様々な情報を発信しています。 酸味のきいた田舎風のフランスパン“パン・ド・カンパーニュ”。このパンを昔ながらの製法で作り続けているのが、パリで一番有名なブーランジェリー「ポワラーヌ」です。世界中にファンを持つ老舗のパン屋ですが、日本からの観光客に注目されているのはパンではなくこの店のクッキー。 パリでは、ここ数年の間に日本食が大ブーム、そんなパリの街で美味しい日本食を頂きましょう。しかしながら、パリでの日本食を食べる際には、まがい物の日本食も出回っているので要注意です。トンカツなのに、中身がチキンだったというお話も良く聞く話。 パリのアパルトマン風のインテリアを見てきましたが、いかがでしたか?いろいろなテイストのお部屋がありましたが、どれも日本だとは思えない雰囲気がありましたね。非日常感のある日常を送れる、そんなインテリア、ぜひ取り入れてみてください。 前回は、パリで暮らしてみたいと考えたときの住宅事情や住まいの確保の仕方を紹介した。今回は、商業物件の賃貸やパリの街の暮らしに関することについてもう少し掘り下げたい。パリと日本で大きく違うところ、注意すべき点はどこだろうか。 日本で人気のボリューミーなハワイ風パンケーキに比べ、パリで人気のパンケーキは、シンプルかつヘルシー。 最近は、パンケーキ専門店がオープンするほどの人気ぶりです。スイーツ天国のパリで生まれたパンケーキを食べて、今のパリを感じましょう。