代休は無給とするが、休日出勤を行ってから1か月以内に代休を 取得しない場合には、代休の権利は消滅するものとする」 といったように、代休を取得できる期間を限定しておくべきです。 このような定めをしておけば、民法上の消滅時効とは別に、 代休とは、休日出勤をした後、ほかの労働日に休みを取ること。代休は時間単位で取ることが可能で、取得期限は企業によって異なる。休日出勤をしたのに代休が取れない・代休を強制された場合は違法になることも。代休の手当額は?代休と振替休日の違いは? 僕が勤めている会社は休日出勤が多くて、代休がよく発生します。でも代休が消滅したんです。しかも8日。これ、許されるんですか?労働基準法的にokなのですか?納得が行きません。ということで、今回は代休が8日も消えた労働者の悲痛な叫びをお聞きくださいw 代休は労働基準法で定められている制度ではありません。社内規則で規定することができますが、主に給与計算上で幾つかのポイントを守らなければ違法となってしまいます。振替休日との違いや、代休の代わりに有給休暇を申請された場合、どうしたらよいかという点も紹介しています。 仕事が忙しく遅くまで残業しても終わらなければ、休日出勤に充てがうことがあります。また会社からの要請で、休日出勤をしないといけない場合もあります。しかし、休日出勤が増えても代休が取れない状態に、これは違法じゃないのかと疑問を感じている人もいるかと思います。 1有給の消滅 ⇒附与された日数については最低2年が期限となるはずですので、繰越できる日数に制限を設けることはできないはずです。 2代休と振休について ⇒前述の通りです。 3有給を取得しての残業 ⇒気持ちはわからなくないですが違法でしょう。 「代休」とは、休日出勤をした場合に代わりに取得する休日のこと。似た制度として「振替休日」がありますが、正しく違いを認識して使い分けなければ法律違反となることもあります。代休と振替休日の違い、代休の設定方法や取得する際の賃金の考え方についてお伝えします。 代休と振替休日の違いを正しく把握されていますか?所定休日に出勤した際に振替休日として処理するのか、代休として処理するのかでは賃金の計算方法が大きく変わります。代休と振替休日についてミスのない給与計算ができるように解説していきます。

あなたは「残業や休日出勤を代休で相殺された」という経験はありませんか?代休自体は違法ではありませんが、残業・休日出勤の「割増賃金」が出ていなければ違法で、後からでも取り返すことが可能です。「代休」「振替休日」や残業代のルールを確認しましょう。 彼女の会社ですが、どうも労基法に違反してるきがします。1:休日出勤したら代休をとり、2ヶ月以上代休取得できない場合は、消滅する。かつ、休日出勤手当ては付かない。2:残業は見なし残業代として調整給にふくまれる。3:休日出勤の