「多摩丘陵へ行こう!」は、東京都公園協会が運営する多摩丘陵の情報ポータルサイトです。自然での遊び方や多摩丘陵の動物・植物、自然を守る活動などをご紹介します。 野草・身近な雑草・山野草・高山植物・樹木の花などの花図鑑です。花の名前だけでなく、花の季節や花の色、任意のワードなどから検索することも可能です。花のコラム「野の花日記」も掲載中。 「里山の野草」の「春の野草」(収録数:114)索引ページで、サムエル画像で表示しています。代表的な春の野草、セツブンソウ、イチリンソウ、カタクリ、スミレ、ナズナ、ハォベ、レンゲソウなど 見分け方もわかる! 裏高尾の「高尾食堂あめとつち」さんとの月に1度行っているコラボイベントで7月には「夏の食べられる野草摘み」をしました。その様子をあめとつちの店主の慧さん綴ってくれて参加してくれた方はこういう感じで体験してくれているのかとうれしかったので承諾を得て紹介させてもらいます。 高尾山とその周辺の山や丘陵には、数多くの野草が自生していましたが、丘陵地に市街化の波が押し寄せ、団地等の高層ビルが建ち並び野草の自生地であったナラやクヌギの落葉樹林帯は非常に少なくなり、今ではその数も種類も激減しています。 「春」に見られる野草の名前の由来と見分け方を分かりやすい解説とイラスト、写真でご紹介! 源地区にはひとつの山全体がカタクリの群生地になっているところもあります。 カタクリと一緒に咲いている場所がけっこうあります。きれいですよ。 花の形は船のいかりによく似ています。源地区の林のすそに多く見られます。 雪割草: ヒトリシズカ: ニリンソウ: 春になると、どうしても会 ニガナ: オニノゲシ: オトギリソウ: タカトウダイ: ノカンゾウ: キンミズヒキ: ダイコンソウ: アキカラマツ: クサネム 由来とセットで野草の名前が簡単に覚えられる! Amazonで高橋 勝雄の野草の名前 夏―和名の由来と見分けかた (山渓名前図鑑)。アマゾンならポイント還元本が多数。高橋 勝雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また野草の名前 夏―和名の由来と見分けかた (山渓名前図鑑)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 シリーズ累計6万部超発行『山溪名前図鑑 野草の名前 和名の由来と見分け方』がお手頃で持ち運び便利な文庫版に!