[最寄駅]浅草駅 本所吾妻橋駅 [住所]東京都台東区花川戸2丁目4-11 [ジャンル]抜き型 [電話]03-3845-5751 抜型とは、紙やプラスチック(フィルム)、ゴムや皮革などを打ち抜く刃物のことで、トムソン刃、スェーデン刃、ピナクル刃などと呼ばれることが多く、それらの刃物しかないと多くの人が認識されているのではないでしょうか。 制作の効率をupすべく、革用の抜き型を専門の業者に依頼して作ってもらいました。これまで全ての材料を手作業で裁断してたんですが、注文が増えると革を着るだけでも結構な時間を要するようになって … クリッカーともいう油圧の裁断機です。機械本体の重さは約1トン、上端の頭の部分の下向きの圧力を用いて、台の上に置いた抜き型で革などを裁断します。その際の圧力は15トンもあります。 道具類です。 … 革も人の手で生み出されます。 革はすべてにおいて、職人による手作りなのです。 職人と職人をつなぐ、橋渡しができることに私たちは大変喜びを感じております。

抜き型に使うのでなく刻印専用でしたら小さな卓上のプレス機が安価に売っていますのでそれをお勧めいたしますが、革に少々水分を多めに入れてから押し込むと結構いい感じに線は付きます。 ずっと欲しかったコーナー抜き具が5本セットの手軽な値段て高津製作所様から発売されていましたので、思い切って購入しました! 高津製作所様は東京浅草でスウェーデン鋼抜き型などを制作されているそうで、メールや細かな見積りの対応などがとても早 レザークラフトのパーツを効率的に切り出す事が出来る「抜き型」。 「抜き型」は革包丁で切り出すのが難しいパーツや同じパーツを量産したい時に活躍してくれるんです♪ 大掛かりなプレス機が無いと「抜き型 …