生活習慣病対策の「食べてはいけないもの」は脳梗塞にも影響大 脳梗塞とは脳内の血管が詰まってしまうことが原因で起きる病気。 そこに直結する 動脈硬化 は、 高血圧や糖尿病、脂質異常症 といったいわゆる 生活習慣病 ともおおいに関係があります。 60 歳代の女性がレジカウンターでマスク購入のため支払いをしている時に「ちょっと聞きたいのですが・・・血をサラサラにする薬を病院からもらって飲んでいるのですが、納豆は食べてはいけないのですよね?」と言った。 血液サラサラの薬を飲んでる人は生野菜を食べたらいけないと聞いたのですが、本当でしょうか?知り合いの人で血液サラサラの薬を飲んでる人の先生がそう言われたそうです。お薬は「ワーファリン」でしょうか?服用者です。確かに、野菜の 食生活や生活習慣の見直しだけでは血液がサラサラにならず、結果的に病気を引き起こしてしまう可能性がある場合などは、薬を使用することがあります。ここでは、血液をサラサラにする薬にはどんなものがあるのか、また、どういうことに注意しなければいけないのかについて説明します。 バイアスピリンを服用しているときは納豆を食べることができない、という話を耳にしたことがある方がいると思います。そこで、今回は本当にバイアスピリンを服用していたら納豆を食べることができないのか?ということについてお伝えしていきたいと思います。 抗凝固薬は、血液の流れが遅い静脈や心臓の内部に血栓ができるのを予防するお薬です。 ワーファリンは安価なお薬ではありますが、コントロールが難しく、食べてはいけない食べ物が数多く存在します。