Windows 10 Windows10; IT 担当者向けのこのトピックでは、BitLocker の展開を計画する方法について説明します。 適用対象 Applies to. 『BitLockerドライブ暗号化』の準備がスタートします。 6. ここでよく画面を見て考えれば良かったんですが、48桁回復コードを入力しました。 回復コードだけはちゃんと準備しています。Bitlockerトラブルはよく起こりますからね。 この後無事にOSは起動し、普通に使えて、再起動しても回復コードは求められません。 BitLockerの回復キー保管方法を指定します。今回は『回復キーを印刷する』を選択するものとします。

しかし、BitLockerの回復キーだけは解析を行うことが実質不可能になります。48桁の数字を解析するには何十年と時間を要します。 あたらめて PCを暗号化する時は、回復キーの管理と万が一に備えた対応をしてまいりましょう。 04/24/2019; この記事の内容. BitLockerは、ハードウェア構成が変更されたことを検知した場合、回復キーの入力が必要となります。 モニターがPC本体から分離できるようなPCを使用している場合、頻繁に回復キーの入力が求められる可能性が高いです。 4.『BitLockerを有効にする』をタップまたはクリックします。 5. BitLocker に向けた組織の準備: 計画とポリシー Prepare your organization for BitLocker: Planning and policies. 「C:BitLockerが有効です」と表示されている場合は、デバイスの暗号化、または、BitLocker ドライブ暗号化で、すでにデータが暗号化されています。 「回復キーのバックアップ方法を指定してください。 BitLocker ドライブ準備ツール BitLocker ドライブ暗号化用のコンピューターを準備するために使用できますがについて説明します。運用の概要、システム要件、およびコマンド ライン パラメーターを提供します。