文字列の部分一致を判定する方法を紹介します。今回紹介するメソッドはJavaScriptのバージョンによっては利用できない場合があるため、代替処理も合わせて紹介します。 includesメソッドによる部分一致の判定(ECMAScript 2015以降) 部分一致の実現方法 タイトルの通りですが、Internet Explorer(以下IE)のバージョンをJavaScriptで判定するコードです。(User Agentは使用しません) それでは早速コードを紹介します。 こんにちは、ライターのマサトです! 今回は、JavaScript側で何のブラウザを利用しているのかを判定する手法について学んでいきましょう! この記事では、 ・ブラウザを判定するには? ・「userAgent」の使い方 という基本的な内容を踏まえたうえで、 ・IEやChromeなどのブラウザ判定 CATEGORY: jQuery. 2014年4月13日. みなさんこんにちは!Kotonoです。今回は、JavaScriptにおける「NaN」について解説をしたいと思います。 この記事では NaNとは NaNの発生条件について NaNの基本的なプロパティ NaNの判定方法 NaN、undefined、nullの違いについて 今度はJavaScriptを無効にしてみます。「アクティブスクリプト」を「無効にする」に設定して下さい。 先ほどと同じ確認ページを開いてみると、今度はJavaScriptが無効と表示されました。 Internet Explorer 11でJavaScriptを有効にする手順について解説しました。 JavaScriptのif文で変数の値が「null」かどうかを判断する方法を紹介します。null判定を行う場合は等値演算子(==)ではなく、同値演算子(===)を使うことをおすすめします。理由は変数が「undefied」の場合に正しく判定されないからです。 使用しているブラウザを判定するサンプルです。 サンプルソース 例)使用しているブラウザを判定する [crayon-5ece57e1b88b8253887646/] ※ Edgeの判定はChromeと Safariの判定よりも前に行う必要があり … IEで動かない問題を解決するためにはどこのJavascriptが非対応か調べて、対応のものに書き換えるという地道な作業をしなければいけません。 IE非対応のJavascriptを使用しない方法以外にpolyfillを使ったり、jQueryで書く方法もあります。 Webサイトを構築していく中でユーザーが利用しているWebブラウザによって処理を変えたいことがあります。 そうした場合にはJavaScriptで条件分岐をさせて処理を変える方法をとっていきます。ここではJavaScriptでユーザーが利用しているWebブラウザを判定して処理を変える方法をご紹介します。 JavaScript/jQuery を使ったブラウザ判定.