WindowsやMacに、デフォルトで備わっているOSとは別にLinuxを入れ、デュアルブートにしたいというのはエンジニアあるあるの話ですよね。そのためにはLinuxを立ち上げるためのディスクを用意することは欠かせません。今回は、Macを使ってUbuntuのディスクであるブートUSBを作成する方法を説明しま … Ubuntuの『LIVE-DVDの作成』は、低価格で簡単に誰でも直ぐに作成できます。 Ubuntuを当初インストールした『LIVE-DVD』の携帯の他に、 もしもの時には、最悪の事態を想定して過去の直近のUbuntu-LTS版の『LIVE-DVD』を予備で携帯しておくと安心です。 実際は、Mac mini(2007)でなくて、Core2Duoに換装したMac mini (Early 2006) です。 rEFIt参考・Linux DVD images (and how-to) for 32-bit EFI Macs ( Mac mini (2007)でブート可能なUbuntuインストールDVD(ISO)を作成する – 某氏の猫空 MacにLinuxをデュアルブート対応でインストールするのって、そんなに難しいことじゃないよっていうのが、所感です。前回は、Linuxインストールする直前までの環境構築について、いろいろ関係ないこと書きながらだったけど、ここはQiitaじゃないし、今回も適当に書いていくつもり。 Ubuntuのインストールによって、このMacは新しい命を得ただけでなく、これまでにないスピード感で動いてくれるようになっているそう。 運が良ければあなたのMacでも同じ結果を得ることができるかも … 初めてUbuntuをインストールしたい時に、不安を感じてDVDからUbuntuを起動して試してみたい場合、 1回”Ubuntuを試す”をテストするといいでしょう。”Ubuntuを試す”手順、及び、インストールする場合のパソコンのBIOSの設定方法は同じです。

なにせUbuntuを使うのは今回が初めてなので。 「Ubuntu Desktop 日本語 Remix14.04」を自宅のパソコンにインストールするには、インストールDVDが必要です。インストールDVDの作成は、Windows10(評価版)付属のソフトで行いました。 以下はその備忘録です。 事前準備

Ubuntu 19.04のインストール直後にやっておきたいことまとめ; Ubuntu 19.04インストールガイド【スクリーンショットつき解説】 Firefox Sendをコマンドラインから使える「ffsend」 Firefox Sendで簡単・安全にファイルを送信!無料なのに広告無し!Chromeなどでも利用可能! Ubuntu を単に SDカードにインストールしたところで素直に起動してくれるほど Mac は単純じゃありません(? EFI ブートする必要がありますが、そこら辺は正直わかったようでわかっていない状態なのですべて Google 先生に投げました。