今回、意外な物にけつまづいた…。自動起動の『Private Sub Workbook_Open()』で自分の所で動いたのだが、他の人の所では、動かなかった…。あれあれ?環境は、『Windows10』で『Office2010』だ。で、何が違うと言うかと…『保護されたビュー』で『安全でない可能性がのある場所のファイルに対し … ワークブックを開くには Workbooks コレクションの Open メソッドを使用します。引数の数が多いですが、はじめのうちは FileName だけ覚えておけばよいです。その後必要に応じて他の引数を覚えていくようにしましょう。 使い方: Workbooks.Open ブックのファイルパス. Workbook.ChangeFileAccessメソッドでブックを読み取りに専用にするのと、Workbooks.Openメソッドっでブックを読み取り専用で開くExcelマクロをご紹介しています。 Workbooks.Openメソッドの使い方とは. private sub Workbook_open()に関してですが、このトリガーを設定したファイルを直接開く場合問題なく動作を行なっていますが、他のマクロから開いた場合動作しないパソコンがあります。 例えばトリガーを設定しているファイルをa.xlsmとした場合、b.xlsmで private sub Workbook_open()に関してですが、このトリガーを設定したファイルを直接開く場合問題なく動作を行なっていますが、他のマクロから開いた場合動作しないパソコンがあります。 例えばトリガーを設定しているファイルをa.xlsmとした場合、b.xlsmで VBAではWorkbookやWorksheetを扱う機会が多いですよね。これらを扱うためにはオブジェクト変数を使う必要がありますが、その際に使われるのがSetステートメントです。 この記事では、Setステートメントについて Setステートメントとは オブジェクトを作成する方法 Workbookのオブジェクトの利用方法 エクセルVBAのWorkbookオブジェクト(前半)について解説しています。WorkbookオブジェクトはExcelのブックを表します。オブジェクトを取得するためにはWorkbooks・ActiveWorkbook・ThisWorkbookプロパティを利用します。 はじめに、ブックを開くためのOpenメソッドの使い方について解説します。 Openメソッド の使い方は、次のとおりです。. また、ブックを閉じる Closeメソッド と組み合わせて次のように使うのがおすすめです! Workbooks.Open "ANALYSIS.XLS" ActiveWorkbook.RunAutoMacros xlAutoOpen 次のコード例は、現在のブックの新しいシートに別のブックからシートをインポートします。 The following code example imports a sheet from another workbook onto a new sheet in the current workbook. 他のExcelブックを開いて、何らかの処理(転記等)を実行した後に、そのブックを閉じる。VBAでは、よくあるパターンですね。ワークシート関数では出来ない、VBAならではの処理とも言えます。以下では、他ブックを開いて閉じる場合の基本的なVBAサンプルと簡単な解説をします。 エクセルVBAのWorkbookオブジェクト(前半)について解説しています。WorkbookオブジェクトはExcelのブックを表します。オブジェクトを取得するためにはWorkbooks・ActiveWorkbook・ThisWorkbookプロパティを利用します。 Workbooks.Open Filename:=ファイルパス, CorruptLoad:=xlRepairFile このように指定してください。 XlCorruptLoad.はXlCorruptLoad列挙になります。 ※注意. ※どちらも引数、戻り値がないプロシージャです。 「 Workbook_Open 」「 Auto_Open 」の両方が実装されている場合は「 Workbook_Open 」が先に実行されます。 戻る 先頭に戻る

エクセルVBAでWorkbooksコレクションオブジェクトのOpenメソッドを利用して、Excelのブックを開く方法について解説しています。VBAの基礎から応用まで幅広くまとめている初心者向けVBA入門サイ … Workbooks.Openメソッドの実行によりワークブックであるWorkbookオブジェクトが取得できた。 続いてはこれに含まれるワークシートを取得する。